黒猫のウィズにハマり中!

スマホゲームで人気の黒猫のウィズ!ダウンロード数凄いですよね?。
私もハマっちゃいました。テレビのCMで興味もっちゃいました。黒猫がかわいい?!触りたい?!

クイズのゲームなんだけど元々クイズ好きの私としてはたまりません。テレビのクイズ番組もよく見ます。ウィズにはクイズの難易度やジャンルも色々あって楽しんでます。出てくるキャラクターもかっこいいのやかわいいのや色々いてついついコレクション魂に火がついちゃいます!ガチャを引けば強いのいっぱい手に入るんだけどあまりお金かけれないので無課金で頑張ってます!それでもガチャを回すのに必要なクリスタルは配布やログインボーナスでたまりやすいのでたまに回して楽しんでます。こないだは強いの引けたのでラッキーでした!

コラボもしてて、今だと進撃の巨人っていう漫画とコラボしてるみたいです。まぁ進撃の巨人っていう漫画は見たことないんですけどね。

みんなも黒猫のウィズしてみませんか?

セガサターンが初めてでした

世代によって初めて接したゲーム機が違うと思いますが、私の場合はセガサターンでした。
私はお年玉の残りと小遣いをかき集めて、セガサターンを買ったのです。
そしてその時に一緒に買ったのが、ときめきメモリアルでした。
私はこのゲームがゲームデビューとなりましたから、特別な思い入れがあるのです。
それまで私はゲーム機を操作した事ありませんから、はじめは戸惑うばかりでした。
ですがそのうち操作に慣れて来て、思うように動かす事が出来るようになりました。
ときメモはシミュレーションゲームですから、初ゲームとしては少しハードルが高かったと言えます。
しかし恋愛ゲームに関心のあった私は、何度失敗しても諦めることなく、時間を掛けてゲームをクリアしました。
その時の感動は、筆舌には尽くしがたいものがあります。
その後プレイステーション、プレイステーション2とゲーム機が変遷しましたが、セガサターンを初めて購入した時の嬉しさを超えることはありませんでした。
ガールズユニオン http://www.atalante2012.org/

自分の名前の由来とそのゲームの話

自分がよくゲームキャラのネーミングで使わせてもらっている、影王摩陀羅や摩陀羅は、魍魎戦記MADARAとゆう漫画のキャラクターなのですが、初めてこの作品を知る事になったきっかけは、ファミコンのMADARAのゲームでした。

このゲームは、コナミから発売されたRPGのゲームで、当時初めて目にした時は、「ずいぶんと大きいソフトだなあ」とゆう印象でした(笑)
不思議と哀愁が漂う音楽を仕様しており、音質も本当にファミコンなのかと思えるほど、今聴いてもすばらしいです。

戦闘システムは斬新で、戦闘に入る時は、ほかのRPGと同じでMAPを歩いているとエンカウントするタイプ。
しかし、戦闘入ってからがこのゲームの違うところで、基本オートバトルなんですよ。
キャラに指示を出さなければ、ただ敵に特攻する感じです(笑)
ゆえに、ただ見守るだけではすぐ死んでしまいます。
ただ、弱い敵などは、そのまま放置しても倒せるので、そうゆう相手では楽でしたね~。

ゲーム性も好きでしたが、なによりMADARAに出てくるキャラが好きでしたね~。
主人公の摩陀羅もそうですが、仲間達が妙にヤンキーのような顔立ちで、そうゆうキャラが自分の味方とゆうのが不思議と心強かったり(謎)
本当にゲーム性とキャラが調和した個人的にはすばらしいゲームでした。

リアルなヴァーチャル・GTAV

GTAV(グランド・セフト・オート ファイブ)はいわゆるオープンワールドのアクションゲームです。今作はかつて強盗を一緒にしていた2人と偶然知り合った青年の合わせて3人が主人公となっています。

GTAは以前に何作かプレイしていますが、いつも楽しみにしている事があります。それはフィールドのあちこちをドライブする事です。アメリカの架空の州が舞台になっていて、広大な土地に街・山・湖・海・川などリアルにあるものが点在しています。マップの端から端までを飛行機で移動しても結構時間がかかる距離です。それなのにどこに行っても街は街らしく、山は山らしく作りこまれています。特に今作はリアルで風景などは写真でも見ているかのようです。

今作の乗り物で一番驚いたのは、オープンカーのルーフが実際と同じような動きで開閉できる事でしょうか。車だけでも200種類位あって改造する事で見た目が変わるものもあるのに、何て細かな所まで作りこんでいるのでしょう。

現在ストーリーモードはクリアしたものの、まだまだやることはあるので寄り道しつつ進めるつもりです。

パソコンで対戦できるソリティアが面白い

一年くらい前にハマっていたゲームを久々にプレイした。
モバゲー内にあるソリティアバトルロイヤルというゲーム。
内容は3人のプレイヤーで同時に競いあう、トランプゲームのソリティア。
パソコンでマウスをクリック&ドラッグして、トランプを重ねていき勝利した人は段位がどんどん上がっていく。
名人クラスは何回も勝利を重ねないとなれないから、それを目指して暇があったらプレイしてた。
ルールが分からない人でも慣れてくれば普通にプレイ出来ちゃう。
面白いし操作も簡単だから、気軽に暇つぶし程度にプレイする事ができるゲームだった。
自分の場合は夢中になっていて気づいたら名人になってた感じだけど、負けず嫌いの人はもっと上の段位を目指すと思う。
やりこみ要素があってしかもTOPにいるキャラクターが可愛いから、毎日やっても飽きない。
ランキングに入ったらアバターなどももらえるし、私みたいにハマった人も多いはず。
久々にプレイしてみてまたハマってしまいそうな勢いだ。一位をいっぱい取りたいなと思ってます。
あと、こんなゲームもハマってます。

スマホの恋愛ゲームにはまってます

最近はまっているのが、スマホの恋愛ゲームです。
テレビCMをみて、ちょっと気になってプロローグを覗いてみたら、なんだかおもしろそう…という気持ちになってはじめてみました。
まずだれを相手にするのか選べて、お兄さん系だったり意地悪系だったり、モテモテくんだったり…といろいろなキャラがいるのです。
普段自分が恋愛できないようなタイプの人を選ぶと、体験したことのないような発言や態度をされるのがまた面白い。
そして選択肢によって物語が変わっていくのも、ドキドキする一つです。
課金すればどんどん話は進められますが、私は課金せずにのんびり進めています。
日常にはありえない設定なので、子供の頃の絵本を読んでお姫様になったような感覚と同じ、乙女ゴコロをくすぐるゲームなのです。
本当にそういう人が現れてくれたらいいのになーなんて思ってしまいます。
毎日少しずつ話を進められるので、次の話が気になって仕方なくなり、毎日欠かすことができません。

周回プレイが病みつきになったゲーム「ファイアーエムブレム聖戦の系譜」

20回以上も繰り返し遊び倒すほどハマったゲーム、それは「ファイアーエムブレム聖戦の系譜」です。懐かしいスーパーファミコンのソフトで、友人から借りて1回目をクリアしそのストーリーにハマりました。親子2代にわたる正義と愛の物語、シミュレーションRPGというジャンルを初めて知った作品です。 Continue reading →